FC2ブログ

shikioginoのブログ

shikioginoのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ageが、ご覧の有様だよ状態となってしまってる今

ageが、ご覧の有様だよ状態となってしまってる今となっては、次こそは美少女萌え萌えガンダム…いや、ちょっと待って欲しい。

不良ガンダムってのも、いいかもしれないなぁ…。
基本的にガンダムの主人公って、若干サイコパスなのがデフォだけど、新たな風(笑)という意味で。

不良って概念が、様式美に片足突っ込んでるカビ臭いファッションでも、創作題材としては、その古さを逆に利用出来ないだろうか。

フォーゼみたいな浪花節的な部分でもいいし、あるいは人間的な欲を素直に描いてもいい。
ガンダム的な屈折したコンプレックスじゃなくて。

そして副次的に強くお勧め出来るのは、不良が女子層と親和性が高いところかなw
コマーシャル的な意味で、無視出来ない要素だと思うんだけど。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/27(月) 22:00:31|
  2. アニメ考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュタインズゲートファンの難点。

リアルの話だけどシュタゲ好きとか神格化しすぎて気持ち悪い
もっと色んな本読んだり映画みた方がいいと思う



 これ、分かるなぁ…。
 私の知り合いの若い子も、シュタゲの話になると諸手を挙げて絶賛。
 軽く宗教じみてるので、こっちとしては少し気持ち悪い。

 私的に、率直にシュタゲの感想を言うと、「古臭い」。
 タイムパラドックスSFとか、何年前に通った道だろう?という古典感ばかりが感じられる。
 若い子は、アニメばっかり見てないで、他のジャンルにも首を突っ込んだ方がいいと思うよ。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/02/24(金) 21:03:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身分違いの恋、ってのは成立するのかね?今の創作では。

@yoneko
夏目 夜猫 あの夏「これヒロインが宇宙人である必要ないじゃーん」とか思ってたけど、ふと考えを改めた。これ昔で言う王女と平民の恋物語なんだな。「身分違いの恋」を現代でやろうとすると、相手を宇宙人にするくらいしないと物語にできないんだな。いや、宇宙人でも何が問題なのって思うくらいだしw


 日本社会って本当に平板だから、日本人読者を相手には、身分違いの恋は描けない。
 これは多分、一億総中流で育ってきた僕らの感覚だからだろうな…

 既に、格差社会が社会問題になってきているし、この先、中流層の崩壊が本格的になったら、創作でも差別が当たり前のテーマになるかも。

 しかし、身分差を越える愛、というのはどの時代でも甘美なもので、悲劇性も漏れなく付いてくる、という、創作題材にはなかなか美味しいギミックなんだよね。
 果たして現在、受けての共感を得られる身分差、ってなんだろう?
 考えてみると、エリートとDQN、それも周囲の環境も含めて、とか、ぐらいかな?
 限られるなぁ…
 そもそも特権階級、ってのにリアルが存在しないからなぁ…。
 禁書的な能力差別ってのも在り来たりだし。

 もう少し、リアリティのある身分差、ってのを考えてみる余地があるかもしれない。

テーマ:創作(オリジナル) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/02/24(金) 20:48:46|
  2. 創作検討
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの花がウケたのは、群像恋愛が良かったんじゃなくて、めんまの泣きシコだったから説。

 あの花といえば、マリーのねちっこい人物描写ばかりが目立ってしまうけど、構造的に考えれば、確かにkey風の泣きシコだ。

 死を礼賛することで得られるカタルシス。
 祭りあげられる子羊が幼気であればあるほど、痛ましい感情が揺り動かされる。

 今振り返ってみると、keyのテキストは相当厳しい。
 開拓者としての偉大さは何も否定する所じゃないけど、無惨にもABで馬脚を現してしまった麻枝氏の例が最も顕著な例だろう。
 発表当時なら諸手を挙げて絶賛されたものでも、スタンダードが上がった現時点では通用しなくなってる。

 そんな滅びかかった泣きシコ手法を、マリーが拾ったのは興味深い。
 まぁ、プロットは誰の発案かは知らないけれど。
 オンエア当時、「どうしてこんな中途半端なSFなんだろう?」と首を傾げたのも、keyアングルを踏襲したのだ、と思えば理解が易い。

 しかし、key全盛期でも飛び道具扱いされた「死」という要素。
 上手く使えば、受け手の感情にグッと食い込める共感を産み出せるけど…
 使い方を間違えると、本当に陳腐に見えてしまうしなぁ…ABみたいに。

 あの花は、もうちょっと研究するに値する素材かもしれない。

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/02/22(水) 21:26:08|
  2. アニメ考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKはエロドラマを放送してる場合じゃない。

 今年に入って一番ホラーな番組を、まさかこんな脳天気な幸福感が漂う日に持ってくるなんて、さすがNHKさん。
 http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3158

 昨夜のクローズアップ現代の怖さと言ったら、背筋が凍った。
 あれを見ていたアラサー~アラフォーの未婚女子は何を感じたんだろう?
 もし私がその立場だったとしたら、取り返しのつかない時間の恐怖に、ガタガタ震えが来そう。

 そもそも私らの学生時代、中高生時分はマトモな性教育が行われた記憶すら無い。
 それで「アナタもう子供作るのは絶望的です」とか今更言われたら、ダチョウ倶楽部どころじゃないよね。
 情報も与えずに自己責任論を翳されたら、キレる。どう考えても。

 マスコミはマスコミで、危険極まりない高齢出産を成し遂げた芸能人を持ち上げることしかしてこなかったワケで。可処分所得の多い独身女性から搾り取る、目先の利益だけを追い求めてた末の悪夢だよ。
 ACは何をやってたんだ?

 まぁ、最も悲しいのは、一番この番組を見るべき二十代~三十代のキャリア女性が見られてないだろう、ってことか。
 皮肉だね。
 NHKさんは、十時台に低俗なエロドラマをやってる暇があったら、これを再放送すべきだよ。
  1. 2012/02/16(木) 01:34:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「何の努力もしてないのにモテモテ」問題。

 よくハーレムアニメ批判で使われる、このフレーズですけど…
 私的には、あんまりピンと来ないんですよ。

 自分から必死にガッつかなくても、何故か好意を向けられちゃう経験って、誰もが一度くらいは経験したことがあると思うんですけど…どうなんでしょ?
 たぶん、その渦中では別に意識していなくても、後で振り返ってみると、自分の身の丈以上に異性が傍に居た…って、人生の確変期が思い当たるんじゃないですかね。
 そこを誇張したのが萌えアニメのハーレム描写だと思えば、特に変でもない気もするんです。
 この感覚を理解できない人って、まだモテ期が到来してない若い子、あるいはモテ期は確かに有ったけど、それを感じることが出来ないくらい希薄な人間関係のなかで生きてきた人、この二種類ぐらいじゃないかと思うんです、大まかに言って。勿論、個々のレアケースは有るでしょうけどね。

 考えてみればモテ期って、おそらく発情期の名残なんじゃないですかね。
 生殖に際して最も準備が整っていることを異性に知らせるサインみたいなものじゃないかと。
 僕の場合は学生時代だったので、繁殖結果には繋がりませんでしたが…こういうのも、また少子化の原因だったりして。
 つまり生物学的な繁殖レディ状態期を、成熟文明社会の制約が阻害してる、と。
 種としての本能と社会制度が乖離しすぎてるのは、健全とは言い難いんじゃないんですかね。
 「命短し、恋せよ乙女」ですよ。

 しかし、このモテ期、「努力しなくても」っていう因果応報の否定構造を考えてると…頭に親鸞さんが浮かびまして。
 モテ期の他力性に神秘を感じた親鸞さんが、現代の萌えアニメ作家と共感していたら胸アツですね(笑)
  1. 2012/02/13(月) 09:05:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛してるなんて言えない。

RT @homing_echo: 何でもかんでも褒めてたら本当に褒めたいものを褒めたとき信じてもらえなくなる気がするので、本当に褒めたいもの以外褒めたくないなぁって思います。だから上手く馴れ合いできません。だから友達できません。



 これ、すごくよく分かる。

 「日本の男性は愛情表現が下手だ」って国際比較されることがよくあるけど、
 その理由を説明するなら、この心情が一番しっくり来る。

 心から、僕は本当に君のことが大事なんだけど、
 大事だからこそ、大事って言えないんだ。
  1. 2012/02/04(土) 20:43:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時代は巡る。

RT @rikio0505: 輪るピングドラムにおいて、脇を固める声優さんを若い人気声優さんではなく、10年戦士の能登麻美子さんや堀江由衣さんや石田彰さんあたりを起用したのは、ウテナ当時にアニメを観てた層をも意識したものだったんだろうなあ。この辺であれば若い人でもわかるだろうし。



 所謂、年代差を利用したマーケティング、という意味では、上手いなぁと素直に感心する。
 私の周囲でもウテナが好きだった層は、根強く支持してるし、
 アニメから離れた友人も「幾原監督の新作始まるよ」、と知らせたら、最終回までチェックしたらしい。

 ま、そんな陽の部分とは逆に…

 年代差という観点では、「あれっ?」と感じたのが最近だとシュタインズゲートかなぁ。
 割とコアなファン層を持つ作品みたいなんだけど、
 私的には、「なんでこんな古臭いタイムパラドックスネタを面白いと思うんだろう?」
 ってな感じで凄く疑問だったんだけど…

 でも、考えてみれば、ここまで直球なタイムマシンネタとか最近無かったかも?とも思える。
 タイムパラドックスという古典的なギミックを引っ張り出してみれば、若い子に支持された、ってことなのかなぁ…と、思ったり。

 もはや使い古された、と勝手に思い込んでるネタも、
 タンスから引っ張り出してお化粧し直せば、意外にウケたりするのかな?
  1. 2012/02/04(土) 20:18:11|
  2. アニメ考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テスト

iPhoneテスト。
  1. 2012/02/04(土) 19:43:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。