FC2ブログ

shikioginoのブログ

shikioginoのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 総括。

 拍子抜け、というか、報われない話だなぁ…と嘆息。
 おちゃらけた最終回には落胆させられた。
 せめて中原姉と雪の下さんの関係に一応の結論を着けてくれないと、何のために視聴者は胸糞悪いストレスを甘受し続けたのか、意味が分からないよ。

 しかし…物語の語り部側の視点に、全く以て思い入れを重ねられない作品だと、諦めで他の要素を俯瞰して観るぐらいしか視聴態度を採れないんだけど…無理だな、これは。
 ヒキガヤ君に惹かれるものが無いと、面白さが何も産まれない。

 それだけコアで、限定された部分をピンポイントに描いて、作品を成立させている所は賞賛に値するのだろうけど、僕的には余り得るものはなかった。

 この作品が、ぼっち系の極北となるのか、マイルストーンとなるのか、で、僕の深夜アニメに対するスタンスも変わってしまいそうな気がする。
スポンサーサイト

テーマ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/06/28(金) 11:25:31|
  2. アニメ考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男子校には構造的な欠陥が在る。

某所で見かけた、「男子校でクラスに馴染めなかったから、共学高では更に馴染めないんじゃないか」という意見に対する反論として記します。


 男子校の構造的欠陥とは、同性ばかりでクラスという閉鎖コミュニティを作った場合、異性への関心に向けられていたエネルギーが行き場を失い、弱者への攻撃性へと簡単に転換される、という避けがたい難点を抱えているからです。

 異性混在のコミュニティでは、異性への歓心を買おうとして、クラスに付かず離れずの空気が支配します。エネルギーの有り余っている者は、そちらの関心に気を取られ、クラス内ヒエラルキー下位の者には、あまり興味を抱かない。
 異性からの承認を得られることで、優越感ゲームの悦びを満たせるから。

 そういうゲームに参加しない、出来ない者からしても、自分に無関心で居てくれることは、何物にも替え難い自由でもあるワケです。

 しかし、これが同性同士、つまり同質性が更に高まる状態になると、どうなるか?
有り余ったエネルギーは、同質性に馴染めない者の排除へと向かいます。異分子を排除することで共感を得ようとする本能が、陰惨な虐めを生む。

 男子校、という奴は今直ぐ撤廃するか、或いは「学級」という閉鎖コミュニティを緩め、大学並みの自由選択制にするか。
 こうでもしないと男子校の悪腫は除けないと思うのです。
  1. 2013/06/17(月) 22:32:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。