FC2ブログ

shikioginoのブログ

shikioginoのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

憧れの女の子、というポジション。

「普通の女の子」と「憧れの女の子」の違いってなんだろう?と感覚的な話なだけにちょっと考え込んでいて、鍵となるのは欠点の有無や能力の高低でもなくて、「親しみやすさ」かなあと思う。もちろん欠点や能力は親しみやすさを左右する要素だけど、決定因ではない

http://twitter.com/izumino/status/189716578521194496



 よくありがちな設定の一つに、冴えない男子主人公が高嶺の花的な女子と懇ろになる、というシチュエーションがあったりするのだけれど…意外に難しい。
 大概の失敗例では、最初確かに高嶺の花だったのだけれど、主人公と親しくなるにつれ、主人公と同じ地平まで女子の方が降りてきてしまい、その特別感を失ってしまう。
 作られたパブリックイメージ部分を取り去ってしまえば、同じ人間としての平衡性を見出すのが自然な流れなのかもしれないが…フィクションである創作物に於いては、安易な展開とも取れる。

 思うに、思春期の異性とはエイリアンでなくてはいけない。
 なんらかの得体の知れない神秘性を抱えていないと、ダメだ。
 
 オンエア中のアニメ作品だと、バクマンが最も成功しているように感じるが、恋愛ものとして考えると、あまりに歪でトリッキーですらある。

 参考にするなら、あんな飛び道具ではなくて、アイマスの美希辺りではないだろうか。
 所謂男の目線を意識しすぎた「天然」とか「不思議ちゃん」とは違う、理解不能感。
 それが、「自分とは違う性なんだ」という感覚を呼び覚ますのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:創作(オリジナル) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/11(水) 20:19:32|
  2. 創作検討
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<だから古舘伊知郎は信用されない。 | ホーム | あの夏をアニメとして愉しめる人は少し異常なのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shikiogino.blog.fc2.com/tb.php/11-7f09394d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。