FC2ブログ

shikioginoのブログ

shikioginoのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

異なる世界の人は異なる世界の言語で話さなくては

 飯屋で隣になったギャル系お姉ちゃんの会話が異次元だった。

 どんな話題をしてても、突然「ぁたしわぁ(※ここに感情的な好悪)」と断定形で締める。
 相手と会話の擦り合わせとか一切する気も覗えなくて、肥大した自意識を何の疑問もなく「でしょ?」と押しつけてる。
 井の中で踏ん反り返る蛙、みたいな。
 なるほど、これが西野カナ的文化圏に住む人か…と、人種の違いを膚で感じた。

 会話の作法一つにしても、為人は出せていけるもの。
 均一で単層なベースの上にキャラを作ってしまうと、嘘臭くなる。ラノベ作家特有の世界観の狭さは、この辺りにも起因している気がする、

 異なる世界の人は、異なる世界の言語で話さなくては。
スポンサーサイト

テーマ:創作・オリジナル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/09/06(木) 06:54:01|
  2. 創作検討
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TARI TARIの幻想性と限界。 | ホーム | ヒロイン論:食材は臭みを抜いて提供するべきじゃないか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shikiogino.blog.fc2.com/tb.php/22-fc1c7843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。