FC2ブログ

shikioginoのブログ

shikioginoのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

氷菓総括:僕らが好きだった二人へのレクイエム。

 私たちの世代にとって、フルメタルパニックとは、ある種の思い入れが籠もった作品である。
 まだ、ラノベのアニメ化が今ほど隆盛でなかった頃、定評のあったマンガ原作に劣らない完成度を見せつけてくれた作品として、確かに一つのマイルストーンになった。

 そこで主要スタッフとして作品に関わったのが、武本康弘、賀東招二というクリエーターなのだが…

 2012年。
 彼らが世に送り出した作品には、大いに裏切られた。
 最近、プロデュース的に迷走気味の京アニでも、彼らの采配ならマトモな作品性を醸してくれるだろう、と期待していたのだけれど…提出されたのは悪名高きエンドレスエイトの類似品だった。

 美麗な画面情報と奇抜な演出で目を惹く作品が持て囃され、コマーシャルのメインストリームになっているという業界のトレンドを踏まえれば、彼ら為した仕事は十分すぎるくらい及第点足ろう。セールス的にも文句をつけられまい。
 しかし、それが視聴者の心を打つ作品性を伴っていたか?とは認めがたい。
 トリッキーでテクニカルな画面作りや、思わせぶりなキャラの言動。短期刺激の繰り返しで刹那的な快楽を引き出し続ける、という他作品から猿真似手法は、京アニの作画力も相まって非常に巧く遂行されていた。
 とはいえ、当然ながら、そんな上面の技術パフォーマンスだけで物語の深い感動には繋がらない。

 ディティール的にも疑問ばかりが先に立つ。
 ヒロインたる、える。もし、京アニ以外で彼女の造形をそのまま用いれば、「物語の展開を強引に我田引水する、つまんないキャラ」として白けた視線を向けられただろう。
 里志や摩耶花も、また然りである。過剰な情緒表現は最後まで鬱陶しいままだった。

 雑誌のインタビュー等で語られた恋愛要素の描写も期待外れ。
 原作との兼ね合いで制限があったのかもしれないが、最終回のホウタロウとのやり取りを甘く切ないものに出来なかった以上、恋愛モノとしては失敗と言うほかないだろう。
 ホウタロウの人間的成長に言及する向きもあるが…省エネ主義からの脱却の過程を云々…と、殊更持ち上げるのも無理筋と言うものであろう。
 つい最近も「つり球」でスッキリと簡潔に、且つ印象的な爽やかさを伴って描かれていた。欠伸が出そうな無駄な冗長性も無く。コミュニケーション不全の克服過程について褒めるのであれば、あっちだ。

 結局、京アニのハイクオリティな画面作りに胡座をかいて、物語性には特筆すべき驚きは何一つ無かった。
 最終回までつきあった者として、残念至極である。

 実際の所、どんな才気溢れるクリエーターでも、本当に名作を輩出し続けられる期間というものは意外に短い。武本・賀東氏のピークも疾うに過ぎ去ってしまっていた、と考えれば、残念だけれど合点はいく結論ではある。

 しかし…もしこの作品が壮大な実験作で、後の作品へ活かされる捨て石だとしたら…いや、取らぬ狸の皮算用は止めておこう。
 クリエーターにとって作品こそが最終唯一の答えなのだから。
スポンサーサイト

テーマ:氷菓 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/09/23(日) 20:46:16|
  2. アニメ考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これはもしかして金の花田先生かも? | ホーム | ココロコネクトの傲慢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shikiogino.blog.fc2.com/tb.php/26-a0a30184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。